医薬品

閉経後に起こる更年期の症状

閉経後に起こる更年期の症状 女性の方が閉経を迎える時期は大体、50代の前半と言われ、個人差はありますが一般には閉経する時期をはさみ40~55歳位までの約10年前後を更年期とし、この時期に人によっては気にならない方もいますが、生活に影響を及ぼしてしまう事もある更年期障害という症状に悩まされる事があります。
更年期障害とは、閉経する事で膣の卵巣が通常通りの機能しなくなり衰える事でホルモンの分泌が減少してしまう事が原因とされ卵胞ホルモンの分泌が関係しているとされ、減少してしまう事で30代後半まで正常に機能していた体の機能が内分泌の低下により上手く機能しなくなり様々な症状を起こしてしまいます。
また脳も関係があり、卵巣機能の低下でホルモン分泌を促す信号を体に送る様になりますが、この信号が脳が不要な興奮を起す事で交換あるいは副交感神経等が集まる自律神経に変調をきたしてしまい、その為に神経と体の働きに食い違いが起こりホルモン減少に体が付いていけなくなるので肉体あるいは心に不調を起こし、人によっては苦痛となり治療を必要とするケースもあります。
うつ病に似た症状を起す事があり、抑うつ状態や睡眠障害である入眠障害あるいは入眠障害、強い不安、苛立ちなどが挙げられ、体には疲れやすい、肩こり、頭痛、息切れや動悸、目眩、火照りなどが挙げられ、こういったものが体や心に強く前面に現れる事で日常の生活を困難にしてしまいます。
高齢になればなるほど他の体の機能も衰退し機能が正常に働かない事もあり、紛らわしい病気でもあるので重篤な病気の前兆など似た様な事があり手遅れとなる事もあるので個人の判断ではなく専門医に相談し定期的な検診を受ける事をお勧めします。
また食生活の乱れや不規則な生活の影響で若者にも似た事が最近では診られる様になっているので、生活環境の改善を行う事や今後、結婚あるいは妊娠、出産の予定がある方であれば尚更、治療を受ける様にして下さい。