医薬品

プレマリンのジェネリック

薬 ホルモンバランスの乱れから起こる女性特有の症状の治療に用いられる薬が『プレマリン』という女性ホルモン剤です。
主に、卵巣の機能が低下しはじめることで50代前後の女性に起こる更年期障害の治療に主に用いられます。プレモン(Premon)はプレマリンのジェネリック薬であり、プレマリンと同一成分が配合されているため同様の効果を得る事ができるだけでなく、他の女性用ホルモン剤と比べかなり安価で購入することができます。
ホルモン薬の需要が右肩上がりになる現在、数ある女性ホルモン剤の中でも手頃な価格で購入できることから評判を呼び、プレマリンのジェネリックとしては新製品であるにも関わらず一躍人気となった商品です。
プレモンの主成分は人工のエストロゲン(卵胞ホルモン)で、女性ホルモン補充剤になります。
女性ホルモン補充剤は更年期障害によく使用されるもので、急激に不足してしまう卵胞ホルモンを補充することで症状を改善します。

更年期とは女性の閉経前後の期間のことをいい、40代後半から50代前半がこの期間に当たります。女性の閉経は概ね50歳と考えられており、その前後で女性ホルモンが急激に減少してしまいます。
この急激な減少によって、身体的にも、精神的にも様々な症状が出てしまいます。
症状が出ると体温が上昇するため異常に汗をかいたり、顔がほてったりするだけでなく、物事に集中することができなくなったり、不安や動悸を感じたり、頭痛やめまいを起こしたり、急激に太ったり痩せたりすることがあります。その程度は人によって異なりますが、重度になると寝たきりになってしまい、普段通りの日常生活が送れなくなってしまうのです。
精神面にも症状が表れる場合があり、例を挙げると、うつ、緊張、イライラ、夜眠れなくなるなどがあります。
また、意欲を喪失し、生きる価値について悩んだりしてしまう事もあります。こうした症状はエストロゲンの減少によってバランスが崩れることが原因で起こるのです。
年齢を重ねるごとにエストロゲンは減少し、肌の張りや弾力が失われる原因の一つとも言われています。
これはエストロゲンにはコラーゲンの合成を促進させる効果もあるためで、美容を目的として服用される方も多いのです。
卵巣欠落症や卵巣機能の不全症、性同一性障害などにも使用されることがあるほか、泌尿生殖器の萎縮から起こる膣の乾燥感や尿失禁にも有効です。