医薬品

プレマリンの効果

花 女性ホルモン補充療法(HRT)として女性の方に対して広く用いられる機会のあるプレマリンとは、卵胞ホルモンのエストロゲンを人工的に補える事の出来る結合性エストロゲン製剤の一つであり、投与する事で体内で転換されEEとなる事で様々な症状の改善を行う事ができ、妊娠する為の準備として確率を高める為に投与する事え卵巣内にある卵胞を成熟させる事で排卵を促す作用や着床し易い様に子宮内膜を厚くする等の効果効能を期待できます。
EEの減少は女性の方の体に不調を起しやすく、不妊はもちろん無月経や子宮の発育不全に繋がる事や月経不順等の卵巣が機能不全を起してしまう事、あるいは40半ばから50代前半に掛けての10年間の間に閉経に伴い体や精神の不調を起す更年期障害を発症する事で日常生活に支障が出るほどの不快な症状を感じる事もあります。
卵巣が機能を低下させる事でEEの分泌量が減り、脳内の視床下部と呼ばれる部位にある自律神経に影響してしまい自律神経失調症状を起し、女性の方の生活環境や外部環境の影響により大脳辺縁系に影響を与え情緒が不安定になる事や抑鬱状態に陥り精神症状を起してしまい、二つの症状が相互作用するのが更年期障害になります。
この場合でのプレマリンの投与は不快な症状の改善を目的として人工的にホルモンを投与する事で不快感をなくし特に発汗やのぼせ等の血管運動神経症状に有効性が高いと言われており、長期の服用に対しては骨量の増加が認められており、骨折予防効果が認められている世界でも唯一の薬になります。
女性の体の変調を治してくれる薬ですが、服用する事で乳癌や子宮癌を持つ方はEEの投与は悪化させる事に繋がるので投与する事は禁止されており、投与前に検査を受ける必要があります。
後発薬にはエストロモンがあり、個人使用が出来る様になりますが自己判断での薬の投与は思わぬ悪い結果を招く事もあるのでエストロモンの投与判断は慎重にあるいは医師に相談してからの使用を心掛けて下さい。