医薬品

プレマリンによるホルモンの補充

男女 女性の方にとって一定量の女性ホルモンが分泌されている状態を保つ事は体の健康状態を維持する為には必要であり重要な事になり、例を挙げると40代に突入してから50半ばにかけて女性の方の体の中では月経を必要としなくなるので閉経の準備をはじめ、卵巣の働きが衰えあるいは役割を果たさなくなり急激に卵胞ホルモンの分泌が低下し、それによって更年期障害の症状でもある動悸や冷え、代表的な症状ではホットフラッシュと言われる体の火照り等が体に現れる様になり、個人差が出ますが人によっては生活に支障が出る堪え難い症状となる事もあります。
脳の視床下部にある性腺刺激ホルモンの分泌と体の機能にズレが生じる事で起こる為、更年期障害の諸症状に含め自律神経失調症と鬱病等に似た精神への症状が起こる様になり、起こる事も定期的ではなく不規則に変化し二つの症状が複雑に絡み合う事で起こるのでHRTという不足したホルモンを体へ補う事で改善させる事が出来る様になります。
用いられるのがプレマリンであり、卵胞ホルモン剤となり上記に記載したホルモン不足を解消するができ、一錠当たりに0.625mgの結合型エストロゲンが含有されており、投与する事で活性化しEEに転換される事で効果を発揮する事が出来る様になり、プレマリンは更年期障害をはじめとし卵巣機能不全や欠落症等の女性の体に起こる不具合に対して有効な複数の効用を持ち、また長期的に投与する事で骨量を増加させる事が出来る世界でも唯一認められている女性ホルモン剤になり、骨折予防の効果を期待する事が出来ます。
ホルモン補充という点ではOCと似ており、ホルモンの均衡に変化を起こすので不正出血や嘔吐、吐き気等のに加え乳房の張りや痛みを感じる等の副作用の症状がみられ飲み始めから一ヶ月程度は不快に感じる事もありますが、人にもよりますが二ヶ月から三ヶ月程度で体が慣れる事でこういった症状は軽くなり軽快になると言われています。
プレマリンは卵胞ホルモンの分泌に関わる女性の体に起こる不具合を改善出来るので広く用いられる事があります。